通勤しやすい地域が多くあり東京都心へのアクセスもいい

日本国内で“大都市”と表現されるエリアはいくつかありますが、近年その存在感を増してきている一つが「神奈川県」ではないでしょうか。
以前から都市としての魅力は非常に高かったものの、東京一極集中が叫ばれる中、その大都市東京に隣接する形で存在している神奈川県への移住者も増えてきており、これがこのエリアの医療環境や医療事情に関しても良い影響をもたらしているようです。

このエリアを選択し移り住む医師が口にするのは、「非常に住みやすく、働きやすい」という言葉。

神奈川県といっても地域ごとに事情は異なるものの、人口が多く集まるところでは公共交通機関も発達しているため、非常に通勤しやすいというメリットがあります。
勤めることになる医療施設から多少離れた場所であっても、この交通機関の発達の恩恵を受け、通勤にストレスを感じることはほぼほぼないでしょう。
これに関連して、東京都心へのアクセスが抜群に良い点も、神奈川県内で働く医師たちには好評です。

渋谷とのアクセスが良好な東急田園都市線は、まさに通勤のしやすさと東京都心へのアクセスを両立できる路線の象徴的存在です。
東京メトロ路線へもつながっていますし、居住地としてこの沿線の住宅街等を選択しても東急田園都市線の利便性の高さを十分に感じられるはずです。

東急東横線も人気の路線の一つです。
東京都内の、特に高級住宅街と繋がる路線であり、神奈川県の中でも横浜にフォーカスして居住地を探している医師にとって、この路線沿いに住むことは大きなメリットとなるのではないでしょうか。

他にも、小田急線京急線京浜東北線など、通勤のしやすさを裏付けるように、各路線が神奈川県内を走っています。
これらの路線のお陰で東京都内へと出るのにも苦労しないため、学会への参加や提携している医療施設への行き来なども時間や労力を無駄にすることなくこなすことができるでしょう。

もちろん、車などでの通勤を考えている医師にとっても、神奈川県はとても魅力的に映るはず。
道路整備も積極的に行われ、特に日本全体が観光立国を目指していることもあり、また、東京オリンピック・パラリンピックを見据えて隣接する神奈川県のインフラ事業も活発化している影響で、このエリアに住む人々の利便性が今後さらに向上していくと見られています。
今後地価が上昇する前に神奈川県へと移り住んでおくという選択もあるのかもしれません。

人口が多いから求人が豊富にあり報酬も高い

920万人近くの人が住んでいる神奈川県は、900万人を超える人口を抱える都道府県です。(神奈川県の人口は増加し続けています。)
人口3位の大阪府でも900万人を下回っており、これも大都市東京の恩恵を受けていると考えることができます。
(ちなみに1位は東京都で唯一1,000万人の大台を超える人口を誇っています。)

人口が多いということは、医療従事者にとって有利に働くことが多いでしょう。
何よりも医療施設の数が多い点が挙げられます。
神奈川県には350前後の病院が存在し、一般診療所は6,500以上がこのエリアに集中しているのです。
病院の数で見れば、東京都はもちろん大阪府や北海道にはかなわないものの、診療所の数は北海道の倍ほどが存在しており、東京都、大阪府に次ぐ施設数となっています。
周辺には決して小さくはない千葉県や埼玉県などがありますが、やはり一般診療所の数に関して見れば、比べ物にならないほどの数が存在しているのです。

これだけの施設数があれば、医師の転職や就職には欠かすことのできない求人も豊富に揃っていることになるわけですが、注目したいのはやはり診療所でしょう。
病院の求人数ももちろん数が多く、規模が大きく最新設備の整った医療機関も少なくありません。
ただ、報酬額で見れば病院よりもクリニックの方が高い傾向があり、そのクリニックが他のエリアよりも多いとなれば、報酬相場も高くなって当然のこと。
周辺エリアと比較しても、年俸の高い求人案件を見つけやすいというメリットが、この神奈川県というエリアにはあるのです。日本では医師の偏在の問題があり、その状況が長引いているせいで、地方の医療施設の方が高い年収を得られる傾向があります。
つまり、住みやすいが年収の低いエリアを選択するか、住みにくいが年収の高いエリアを選択するかの二択を迫られてしまうケースが少なくありません。

ところが、神奈川県は神奈川県内は上でも触れたように、

  • 通勤しやすい地域が多数ある
  • 東京都心へのアクセスが良好な位置にある
  • クリニックの数が非常に多い

などの好条件を多数満たしているため、住みやすさと報酬額を両立させられることが可能なエリアとなっているのです。
あるデータでは、東京都の医師の平均年収は900万円程度ですが、神奈川県は1,100万円を超えるというデータが存在します。
また、東京や千葉、埼玉など周辺地域と比較すると医師の勤続年数が長いのも特徴です。

つまりこのエリアに止まり医師として活躍する人が多いことも示していると言えるでしょう。
実際に、神奈川県内で働く医師からは、

「移り住んでよかった!」

「東京より住みやすく働きやすい!!」

という声が上がるほど。
ここからも、神奈川県というエリアの魅力がわかるのではないでしょうか。

是非、こちらの神奈川県内の地域別・医師求人の比較に関する記事もご覧になってみてください。