1. 神奈川県の医療機関に転職した医師のリアルボイス

神奈川県の医療機関に転職した医師のリアルボイス

体験談① 20代 男性 H.Kさん

私は20代で他県から神奈川県内の病院に転職しました。
転職を考えたタイミングそのものが他の医師と比較して早かったため、職場を移すこと自体に不安を抱えていたのですが、そんな折に神奈川県内の病院と出会い、転職を決意しました。
実際に働いてみて感じたことは、あくまでも私がもともと働いていた地域や病院と比べてなのですが、非常に医療レベルが高いこと。
もちろん県内にもいくつもの医療圏が存在するため、全てで一様な医療レベルを保っているわけではないでしょうが、それでも全体的に非常に高いレベルに達していると感じています。

私が携わる分野で特にそれが顕著だったのが、周産期医療体制の充実です。
神奈川県全体が力を入れていることがよくわかるようなシステムになっており、各分野・領域の連携にも力を入れ、母子が安心して出産を迎えられるような体制が整っていることに驚きました。

少子化問題が叫ばれる中、しかし今後もさらに重要になってくる分野ではありますが、これほどまでに病院や地域によって差があることを転職するまで実感できなかったことは恥ずかしい限りです。
ただ、この転職によってキャリアアップへと大きなステップが踏み出せたことも事実です。

他にも大きな都市はあり、行政の主導によって医療体制を整える地域もありますが、神奈川県のそれはすでに高いレベルに達しているため、腕はもちろん、知見を磨くためにも非常に意義
の高い地域と言えるでしょう。
そんな地域に転職してよかったと、心から思えています。
 

体験談② 30代 男性 T.Aさん

医師仲間の間では、「神奈川県の医療体制がすごい」という話は、常々出ていました。
特に、医師に対するサポートが手厚く、働きやすい環境が与えられやすい、そんな医療機関が多いという話が、当たり前のようにされていたのです。

そんな話題から興味を持った神奈川県内への転職でしたが、実際に転職活動をしてみて感じたのは、やはり医療体制が素晴らしいこと、そして、噂通り医師へのサポートがしっかりとしていること、何よりも、県内の人気エリアへの転職は、タイミングが非常に重要であるということです。
特に最後に関しては、横浜市や川崎市などの医療機関への転職を検討していた私にとって難しい問題でした。

しかし、そうしたエリアはやはり医師にとっても人気が高いため、応募者数が多いだけではなく、応募者のレベルも非常に高いのです。
実際に、私もなかなか最後の審査を突破できないことが続きました。
応募を決意した時には、一旦募集を締め切ったという話も受けたことがあります。
もし同エリアへの転職を希望しているのであれば、タイミングを間違わないこと。
具体的には、「迷ったら応募」を心がけることでしょう。

そのために、転職が頭をよぎった瞬間からある程度の準備をしておくことも重要なポイントです。
準備があればいつでも応募できますし、応募書類や面接等でも他の応募者との間に差をつけることができます。
結局私は、いくつかの失敗を経て、質も医師からの人気も高くサポート体制も充実した病院へと転職できましたが、タイミングと準備への意識を高く持った結果だと感じているところです。