1. 神奈川県内の医師が居住地に選ぶ場所

神奈川県内の医師が居住地に選ぶ場所

子持ちの医師には嬉しい子育てに不自由しない教育環境

特に転職を考える医師は家庭を持っていることが多く、子供がいることも少なくないでしょう。
転職によっていざ住む地域を変えるとなると、子供の教育や子育てに関する点も気にせざるを得ません。

その点、神奈川県というエリアは、子持ちの医師であっても安心して移り住むことができる環境が整っています。
神奈川県は決して狭いエリアではないため各行政地域により教育環境の整備や取り組み、政策等に違いはありますが、都市部に注目してみると、その環境は周辺エリアと比べても格段に進んでいると言ってもいいでしょう。

例えば、神奈川県全体で見ると待機児童が徐々に減少してきており、安心して共働きができる環境が整いつつあります。
これは少子化によるものではなく、各自治体が認可保育所を設置するなどした結果です。
また、横浜市や川崎市などには進学校や有名私立校なども多く、神奈川県から出なくとも高度な教育を受けることができます。
藤沢市では英語教育に力を入れており、英語の授業時間は全国でもトップ。
綾瀬市はコンピューターの導入が進んでおり、神奈川エリア内において最新の設備で授業を受けられると評判です。

このように、大都市ならではの教育環境の充実、さらには大都市の問題点の一つである待機児童の解消に尽力するなど、小さな子供から大学を卒業するまで十分且つ安心な教育を受けさせることができる環境は、多くの医師にとって魅力的なものと感じるはずです。
医師が居住地に神奈川県を選ぶ理由もわかるのではないでしょうか。

仕事帰りに寄れる周辺施設の利便性の高さ

神奈川に移り住む医師が多い理由は、教育環境の良さのみにあるわけではありません。
医師やその家族が仕事帰りなどに立ち寄れる施設が多い点も、多くの人を惹きつけているようです。

中華街

横浜で最も有名と思われる観光スポットです!

画像引用元: https://matome.naver.jp/odai/2146711748655806001/2146711950258342403

ランドマークタワー

何度足を運んでも飽きることのない施設の一つです!

画像引用元: http://hamarepo.com/story.php?story_id=1375

ラゾーナ川崎

神奈川県内の大型ショッピングセンターの一つです!

画像引用元: http://blog.livedoor.jp/oobanishi/archives/18065877.html

川崎アゼリア

川崎駅の近くにあるショッピングセンターです!

画像引用元: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000014491.html

神奈川県はスーパーの充実性も非常に高いです。
武蔵小杉は特に近年居住地として人気を獲得してきていますが、“成城石井”をはじめ、“東急ストア“など各スーパーが立ち並び、こちらも日頃の買い物に困ることはない品揃えを誇っています。
日吉やたまプラーザなどの駅周辺も、住みやすく且つ買い物に不自由することがないため、多くの医師に人気です!!
一度住んでしまうとその利便性からは離れられず、都内とは異なる落ち着きもあるため、家族で暮らすケースでは居心地の良さを感じることができるでしょう。

仕事帰りはもちろん、休日などに遊びに行く場所にも不自由しない神奈川県エリア。
もちろん住んでいるところや最寄りの駅などにもよりますが、魅力的で便利な地域が多いことは間違いありません!!